モテるためにオール5の男を目指すのをやめる

モテるために、オール5の男を目指すのをやめてください。

見た目が格好良くて、おしゃれで、トークもじょうずで、スタイルが良くて、クールな男になってモテる努力をやめてください。

そんな努力に意味はありません。

もちろん、最低限のオシャレや最低限の清潔感は必要です。

しかし、その次に必要なのは、あなたの特徴や個性をいかすことなのです。

個性や特徴をいかす

え? 自分にはモテるような個性も特徴もない?

いえ、あなたの個性や特徴が女性にモテないものだと諦めないでください。

あなたのマイナスの特徴や個性でさえ、あなたの武器に変えることができるのです。

たとえば、あなたが話すのが下手で、話題が思い浮かばないタイプだとします。

そのあなたの特徴はあなたのコンプレックスかもしれません。

しかし、安心してください。口下手なことでさえ、大きな武器にできるんです。

実は世の中の男性のほとんどは、女性の話を聞くのが上手ではありません。自分の話ばかりをしようとします。そして、女性はそのことに辟易しています。

あなたが、自分から話をすることに苦手意識があるなら、女性の話を聞く能力を徹底的に高めてください。

あるいは、男らしさがない、なよなよしている。色白で女の子みたい。というコンプレックスをあなたがもっているとします。

それなら、女性の母性本能を徹底的にくすぐっていけばいいんです。

たとえば、一緒に映画を見て、めそめそと涙をながす。女性の前で泣いちゃうなんてみっともないと思うかもしれません。

でも、そういうあなたを見て、感受性の強い純粋な人と思ってくれるかもしれません。

もちろん、そう思わない人もいるでしょう。

大切なのは、コンプレックスを長所に変えようとしなければ、そういう出会いさえ成功させることができないということなのです。

不器用でなにをやってもうまくいかない。こんなところを女性に見せるのはみっともないと思っていたら、なかなかうまくいきません。

上手になにもかもこなして素敵にエスコートすることができないのなら、すっぱりとあきらめて、うまくできない不器用なところを見せて、そしてニッコリと笑っておきましょう。

不器用だけど一生懸命で笑顔な男性を好きな女性はたくさんいます。

短所を隠して隠して生きていくのはつらいことです。それならば、あなたの短所の中で長所に変えられるものを見つけていきましょう。

初デートを成功させたい人必見!デートを成功させるための『店の条件』『座る位置』とは?

初デートというと、「何を着ていこう」とか「何を話そう」といか、外見や会話に重点を置く男性が多いですが、実は「店選び」が最も重要なのを知っていましたか?

いくらダサくても、会話が面白くなくても、あなたが「正しいお店」を選び、「正しい席」に女性を座らすことができれば、女性と仲良くなることができるんです。

そこで今回は、初デートを成功させるための『店の条件』と『座る位置』をご紹介します。

店選びの” 2つの条件”とは?

初デートを成功させたいのなら、店選びは最も重要。この時、以下の2つの条件を満たす必要があるんです。

条件1 暗い

人は暗いところにいると近くにいる異性を恋愛対象として意識してしまう、という心理傾向があります。そのため、照明を落としてある薄暗い居酒屋やバーが最適といえます。

条件2 狭い

初めてのデートでは、恋人同士のような錯覚を起こさせるのが効果的。わざと相手のパーソナルスペースに入ることで、密接な関係にあるような感覚を相手に抱かせるんです。

上記の条件を全てクリアするのは『暗い個室居酒屋』。さらに、すだれ等で仕切っただけの個室より、完全個室がいいでしょう。最近では、インターネットからもお店の写真を見ることができるので、しっかり下調べをしてください。

予約する

さらに、好感度を上げるのなら、予約を入れておくといいでしょう。女性は”私のために予約までしてくれたんだ!”と、感激する人も少なくありません。

「予約なんてめんどくさい……」

と思う人もいると思います。

しかし、予約で女性が上機嫌になってくれれば、あとがスムーズに行くんです。食事中の会話も盛り上がります。

予約なんて、2~3分あればできますよね? 2~3分なんて、ぼーっとしていれば、あっという間に過ぎてしまう時間。デートを成功させたいのであれば、必ず予約を入れるようにしましょう。

座席配置

前項で、個室がいいことをお伝えしましたが、対面よりは、『横並び』もしくは『角を挟んだL字配置』が理想。これなら、アイコンタクトもスキンシップも可能です。

座る位置

横並びか、角を挟んだL字配置のテーブルを選べたら、「相手の左視野」に入ることがポイント。というのも、脳のメカニズムから、「左視野」の情報は、イメージや想像力を担当している「右脳」に伝わることがわかっていて、これをするだけで、あなたのことを相手に強く印象付けることができるんです。

さらにデートに関して詳しく知りたい方は「初めてのデートで押さえておきたい4つのポイント」も読んでみてください。

女性との始めてのデートで会話を成功させる心理学

女性とのはじめてのデートで会話を成功させる心理学を紹介しましょう。

女性との始めてのデートで会話を成功させる秘訣は、「会話の内容によって出会いを成功させようと考えないこと」です。

気の利いたことを言おうとか、面白いことを言って笑わせようとか、そういうことを考えるからプレッシャーになっちゃうんですね。

そうではなくて、女性の会話を聞いてあげることで、女性から好かれる努力をしてください。女性の会話を遮らない。女性の言っていることに同意する。女性が会話をしたらしっかりうなずく。

世の中には、その程度のことさえできない男性がたくさんいるのです。だから、その程度のことをするだけで、出会い系競争では圧倒的に優位に立つことができるんです。

それに、女性との話しているときに、楽しい話をしなければならないなんて考えていたら、ぜんぜん楽しむことはできませんよね。

相手の話をリラックスして、きちんと聞いていると、もっと親密になれるチャンスとか、次回の会う約束をするチャンスが生まれたときに逃さないことにもつながります。

何を話そうかと事前に考えて、そのことばっかり考えていると、臨機応変に対応できません。

このように、知識に縛られている男性は、女性から見るとすぐわかります。

緊張感がただよっているし、会話のリズムが悪い。自分が何を話そうかとばかり考えているから、女性の話をきちんと聞けない。

これはダメなセールスマンとまったくおなじ。売り込みの文章を覚えて、それを並べ立てるだけ。顧客の反応を見ることができないから、客からしたらパンフレットを読んでいるのと一緒なんです。

もちろん、事前にどんな話をしようかとか、女性の喜ぶ話題を仕入れておこうという努力は重要です。

しかし、その知識にばかりこだわって会話をするなら、テレビや雑誌と同じなのです。

彼女と話をするときは、彼女がどんなリアクションをするのか、どんな会話をするのかに神経を傾けてください。

SR理論を応用して彼女からメールや電話をもらう方法

出会い系サイトで彼女ができたのに全然メールが帰ってこない。気になって仕方がない。電話をしても出ないことがあるし、今何をしているのか気になってしまう。

そして電話がくると「どうして電話に出ないの?」と怒ってしまう。

そんなタイプの男性はいませんか?

恋愛になると、その人しか見えなくなってしまうという恋愛体質の男性は意外と多いもの。

こういう場合に、彼女から連絡をもらうにはどうしたらいいのでしょうか。

SR理論

行動心理学の考え方にSR理論というものがあります。

SはStimulus(刺激)、RはResponse(反応)のことです。

人間は、Aの刺激を与えたらそれにBの反応が帰ってくるという考え方です。

それならば、Bの反応を得るためにAの刺激を変えてしまえばいいのです。

SR理論を応用する

メールや電話が来ない理由は簡単です。

彼女たちからしてみたら、何もしなくてもメールや電話が来るのだから、自分から行動を起こしてメールや電話をしようとはしないのです。ただただほうっておくだけで、メールや電話が来て、関係性が保たれるのだから、わざわざ自分が行動をする必要はありません。

だったら、その発想を逆手にとるのです。

まずメールや電話を我慢するんです。そうすれば、きっと彼女の方から連絡がくるはずです。

そして、最大のポイントは、連絡が来たら喜ぶこと

いままではこのタイミングで怒っていましたね?

たまに連絡をして怒られるのなら、連絡をしてくる人などいないのです。

連絡が来た時にきちんと喜ぶこと。これが相手から連絡をもらえる秘訣なのです。

出会い系サイトにおける開放性の法則(解放性の法則)

なんだか好きになれないと思っていた人だったのに、プライベートなことを話されているうちに親近感が湧いてきた。

そんな経験をしたことはありませんか?

人は、他人のプライベートな側面にふれたときに、親近感を感じるのです。

たとえば、ちょっと怖い上司が、プライベートで奥さんに怒られていることを話したら、その上司に親近感が湧いたり好意を持ったりしますよね。

これとまったく同じことが恋愛でも起こりうるのです。

これを開放性の法則(解放性の法則)といいます。

この開放性の法則をぜひ出会い系サイトでも活用しましょう。

  • メールの中にプライベートな面や悩み事をおりまぜてみる
  • 会った時の会話でプライベートなことを小出しにしてみる

そんな風にして女性の好意を獲得するのです。

また、デートのときに、なんらかの失敗談を語るのも効果的です。

失敗談をこちらが語ると、返報性の原理によって、女性も失敗談を語らなければならないという気持ちが働きます。そして、お互いが失敗談を語ると、開放性の法則がお互いに作用して二人の距離がぐっと縮まるというわけです。

逆に、成功談を語るのはやめてください。男性の自慢ほど女性をウンザリさせる話はありませんし、自慢では開放性の法則は働きません。たとえ、誰にも言えない秘密の成功談だとしても、女性に話すのはやめましょう。

また、開放性の法則をアテにして、内面ばかり話すとか、失敗談ばかり話すというのはやめておいたほうがいいでしょう。そういう男は単なるバカに見えます。あくまでも適度に話すようにしてください。

現在、ほとんど金をかけずに安全にセフレを作ることが可能な時代になっているのです

みなさん初めまして。青山二郎といいます。わたしは45歳のおじさんです。そしてチビでデブです。頭も薄くなってきました。

週に一回の風俗通いだけを楽しみにこれまで生きてきました。他に楽しいことなんて何もありませんでした。

しかし、出会い系サイトを利用して人生が一変しました。

たくさんの出会い系サイトの中から完全無料で利用できるところを発見して、一円も使わずに若いセフレを作ることに成功したのです。

セフレができてからは、本当に楽しい日々です。

  • 素人の
  • かわいい女と
  • 好きなだけセックスをして

一円も金を払う必要がないのです。最高の人生です。はっきりいってセックスができる若い女がいれば他になにもいりません。わたしはわたしの人生に十分に満足しています。

いままでのように時間を気にして、いじきたなく、1分でも多く女の体を触っていたいなんて思うこともなくなりました。女の扱いがスマートになり実生活でも少しはモテるようになりました。

それもこれも無料で使える出会い系サイトを発見したおかげです。

さらに、2人目3人目とどんどんセフレを増やすことにも成功しています。

しかもフリーメールで利用できるので、こちらの個人情報を入力する必要はまったくありません。

そうです。

現在、ほとんど金をかけずに安全にセフレを作ることが可能な時代になっているのです。

  1. お金のかからない無料の出会い系サイトが増えています
  2. そして「おごられるのがあたりまえ」と考える女性がどんどん減っています
  3. 草食系男子がどんどん増えているので出会い系サイトが女性優位でなくなってきています

以上の3つの理由から、出会い系でのセフレ探しは簡単になり、なおかつお金がかからなくなっているのです。

わたし青山二郎が利用しているオススメ出会い系サイト

それでは実際にわたし青山二郎が利用しているオススメ出会い系サイトを紹介します。すべて完全無料でフリーメールで利用できるので安心してください。

完全無料出会い系サイトに登録するときは、既にフリーメールアドレスをお持ちの方も、出会い系サイト専用のメールアドレスを取得しておくことをおススメします。

フリーメールアドレスを作るのは簡単だし、いろいろな場面で使用することができます。

ご近所STYLE

若い女の子狙いならご近所STYLEがとくにおすすめ。かなりフットワークが軽い女の子が多くて「今日の夜会える?」なんていうメッセージが飛びかっています。

女性会員も非常に多いし、ご近所検索も充実。セキュリティも万全で非の打ち所がありません。

いますぐ「ご近所STYLE」を使う

奥様の直アドファイル

若奥様狙いなら奥様の直アドファイル。まだ体もピチピチなのに、都合のいいセックスができる若妻は最高ですね。

検索システムが非常に充実しているので理想の人妻を見つけやすい。条件の絞り込みがうまくできているのでマッチングが非常に簡単です。

サポートも充実しているので安心です。

いますぐ「奥様の直アドファイル」を使う

直アド@MAX

どこぞのサイトの様に「直アドを送るとペナルティ」なんていう設定はまったくありません。どんどん直アド交換して出会いを勧めてください。スグに出会いたい男女を週刊誌・女性誌・成年誌・WEBで広告を出して集めておりますので、ムダ無く初心者もスグに出会えます。

いますぐ「直アド@MAX」を使う

初めてのデートで「何を話すのか」よりも大切なこと

出会い系サイトで知り合った女性との初めてのデート。

いったい何を話そうかと前日に一生懸命考えてはいませんか?

しかし、「何を話すか」よりもずっと大切なことがあるのです。

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンによれば、人の第一印象は、「外見」が55パーセント、「話しかた」で38パーセントが決まるそうです。なんと「話の内容」はたったの7パーセントなのです。

この法則はメラビアンの法則と呼ばれます。あるいは、Visual・Vocal・Verbal の頭文字をとって「3Vの法則」または、「7-38-55のルール」とも呼ばれます。

つまり話す内容よりも以下のようなことが大切です。

  • 清潔な服装をしているか
  • ヒゲをきちんと剃っているか
  • きちんと笑顔挨拶できるか
  • はやくちにならずゆっくりと会話をできているか
  • きちんと背筋を伸ばしているか
  • 自信がありそうに会話をしているか
  • 声が小さすぎないか
  • 声が大きすぎないか

などなど。

デートの前には、話す内容を考えるよりも、鏡の前で、話し方をチェックしてみるといいかもしれませんね。

初めてのデートで気をつけること

心理学の観点から、初めてのデートで気をつけることをまとめました。ぜひ、最初のデートはこれらのコトに気をつけて、最新の注意を払ってすすめてください。

最初のデートのほんのちいさな失敗で、これまでの何通ものメールが無駄になってしまうのですから。

場所に気をつける

会う場所に問題があると、あなた自身への印象も悪くなってしまいます。

  • うるさすぎる
  • 暑すぎる
  • 寒すぎる
  • 周りの目が気になる
  • 混んでいる

そういう場所を選んでおいて、女性に向かって「暑いですねぇ」だの「混んでますんねぇ」なんてほざく男がいます。

女性は表面上は笑っていますが、実際は「お前が選んだんだろう、この糞が!」と思っているものです。

場所のセッティングには十分に注意しましょう。

些細な事に注意を払う

人間関係を悪くするのは、実は些細なことなのです。

  • 悪口を言った
  • 喧嘩した

などの大きなトラブルが問題になるのではありません。

それよりも、

  • きちんと挨拶をしなかった
  • 相手の名前を間違えた

といった小さなことが、人間関係を悪化させるのです。

大きなことばかり注意しないでください。小さなことにこそ最新の注意を払ってください。

逆にいうと、人の悪口を言わないなんてのは、あたりまえであって、誰でも気をつけていることなのです。それよりも、小さなことを積みかさねることでライバルに差をつける必要があるのです。

邪魔をするものを排除する

  • 携帯電話の音
  • 知り合いからかけられる声
  • 店員との会話

そういう邪魔なものを徹底的に排除する癖をつけてください。

携帯電話はマナーモードにしておいてください。知り合いが来ないような場所を選んでください。店員が馴れ馴れしくないお店を選んでください。

せっかくデートで楽しい会話をしていても、邪魔が入ることで、その感情がどこかへ吹き込んでしまいます。

たとえば、せっかく女性と楽しく話していたのに、電話に出て、切ったあとに、なんとなくしらけたムードになってしまったことはありませんか?

もしもあなたの責任で会話が中断されたのではなくとも、あなたへの印象はどんどん悪くなってしまいます。

邪魔の入らない場所を選択することは大切なのです。

食事をする

デートでは食事をしてください。

空腹だと人は怒りっぽくなります。

お腹を満たせば人は優しくなります。

ハーバード大学教授のナーグラー博士は以下のようにいいました。

「空腹を満たせば喧嘩の半分は避けられる。喧嘩の相手は血糖値なのだ」

なんだか女性がイライラしているようで会話がかみあわないと思ったら、その原因は血糖値なのかもしれません。

ランチをすることで、おいしい食事が会話の内容にポジティブな影響を与えることを、心理学者のグレゴリーランズはランチョンテクニックと名づけました。

政治の世界などでも、このランチョンテクニックは多用されていますね。

美味しいものを食べる快楽が、食事の相手や、食事中の会話の内容と結びつくのです。

出会い系サイト成功のコツは「油断しないこと」

出会い系サイト成功のコツは「油断しないこと」にあります。

  • これだけメールを交換したんだからきっとデートに来てくれるだろう
  • これだけデートで楽しく食事ができたんだから長期的な関係が築けるだろう

そういう油断をしてはいけないのです。

出会い系サイトの人間関係は、脆弱(ぜいじゃく)なものです。女性は、何かのきっかけで、簡単にあなたとの関係を「なかったもの」にしてしまいます。そのことに罪悪感など感じません。

二度と会うことがないならば、女性は、ドタキャンやいきなりの音信不通など平気でするものなのです。

そうした考えを前提に行動をしてください。

  • これくらいサービスすればいいだろう
  • これくらいヤリトリすればいいだろう

そいう甘えは捨てなければなりません。

とにかく、何度も何度も接触し、サービスを繰り返す必要があるのです。

接触頻度

さらに人間には「接触頻度」が高い人ほど、行為を持つという性質があります。

  • 何度も何度もメールをする
  • 何度も何度も会う
  • 何度も何度もサービスをする

そういう行為を、油断をしないで繰り返す必要があるのです。