手の動き(ハンドランゲージ)から出会いを攻略する

lgi01a201312141600手の動きをハンドランゲージといいます。ハンドランゲージとは日本語で「手の言語」と訳せますね。

手の動きは女性の本音を表しています。女性の手に集中していると、彼女の気持ちが手に取るようにわかるようになっていきます。

彼女の心があなたにたいして肯定的なのか否定的なのか、手の動きをヒントに探ってみてください。

たとえば、あなたと彼女のあいだになんらかの障害物があったとします。たとえばレストランの調味料など。話を聞いているときにそれを目の前から取り除いたら、あなたの話をもっと聞きたいという好意的なサインです。

その調味料をどかすでもなくただ触ったとしたら彼女はあなたに退屈しています。

何か違う話をしたほうがいいかもしれませんし、場所を変えたほうがいいかもしれませんし、今日のところは切り上げたほうがいいかもしれません。

本日は、女性の好意を見分けるハンドランゲージをまとめてみました。

女性の好意を見分けるハンドランゲージ

好意を表すハンドランゲージ

顎を触る

顎を触るのは肯定のサインです。

あなたに近い方の腕をしたにして腕を組む

これも肯定のサイン。逆に組んでいたら否定のサインです。足を組むのもどうようです。あなたに近い方の足を上にして組んだら否定のサインです。

頬杖をつく

頬杖をつくのは「誰かを頼りたい」という心理を表しています。相手に話を振って、愚痴などを聞いてあげると親密になれます。

髪の毛を触る・束ねる

髪の毛を触ったり束ねたりしているのは、男性に対して甘えたい心理です。退屈しているわけではありません。この動作を始めたら落とせる可能性がかなり高いと考えていいでしょう。

否定を表すハンドランゲージ

鼻の下を触る

これはテレビなどで女優がしているのをよく見る仕草ですね。これは居心地が悪かったり不愉快だったりしているサインです。普段は女優業をしているのにバラエティなどに出演すると緊張して居心地がわるくてこのハンドランゲージを繰り返してしまうのでしょう。バラエティに出演することになれると、この動作をしなくなっていきます。

低い位置で腕を組む

低い位置で腕を組むのは精神的にバリアを張っています。あなたを警戒しています。体の前に防御壁を作っています。

ぎゃくに高い位置で腕を組むのは自分のほうが立場が上であることを主張しています。

 

指を額に当てる

これは一見あなたの話をきちんと聞いているようにみえますが、実際は、あなたの話に賛成できないというサインです。否定のための言葉を考えています。

額に手を当てる

額に手を当てるのは、人がウソをつくときにやりがちなしぐさです。テレビでこの動作をしているタレントを見るとくすっとしてしまいます。

拳をにぎる

緊張していたり、相手にたいして否定的な感情があるときは拳を握る傾向があります。

その話題は変更したほうが良いかもしれません。

いかがだったでしょうか。次に女性と会うときはどんなハンドランゲージが読み取れるか注目してください。

いつも注目していると、こんかい紹介した以外のハンドランゲージも見つけることができるはずです。また、これらのハンドランゲージを読み取る能力は仕事などに応用することもできます。営業の方などは、きっとビジネスにも役立てることができるでしょう。

コメントを残す